オピオイド鎮痛剤対プラセボの予防放出システム


1

今日、私たちは経口の新規ドラッグデリバリーシステムを研究していました。(パンデミックのため)クラスは事前に録音されていました。スライドに「ドラッグリリース表を変更する戦略と利点」の表がありましたが、それがどの本かわかりません。enter image description here

ご覧のとおり、最後の1つはリリースの防止です。私たちの教授は、このシステムには薬物が含まれていると述べましたが、まったく放出されないため、治療効果はありません。それは乱用を避けるためにオピオイドに使用されると述べられています。

私の質問は:何も放出したくないのになぜ活性物質をロードするのですか?このシステムとプラセボの違いは何ですか?

2

I think you're missing the point still.

The "benefit" column in that table is about benefits of the modification, not the drug. A drug modified to prevent release in vitro (kind of a weird phrasing..) is designed to require an additional processing step that occurs when the drug is taken normally (often orally), but not when it is abused (like ground up and inhaled). So, instead of including the active ingredient in a pill, you use a prodrug that needs to undergo a chemical reaction in the digestive system before being effective.

This modification doesn't have any added benefit for the person taking the drug normally, but it still has the same therapeutic benefit as the unmodified drug. The benefit it has is the societal benefit of (slightly) discouraging abuse.