Covid-19生存者の進行中の細胞損傷を判定する方法はありますか?


2

最初にC型肝炎に感染した人の多くが肝臓を破壊していることを知るには、何年もかかりました。HIV感染者が免疫系が破壊されていることを知るまでには何年もかかりました。

Covid-19生存者で腎臓、Tリンパ球、その他の重要な臓器に進行中の損傷が発生しているかどうかを知ることは可能ですか?ウイルスが依然として重要な細胞を静かに破壊しているかどうかを判断する方法はありますか?

「現在進行中の損傷はありますか?」しかし、「どうすればそれを探すことができるでしょうか?」

以下は、Covid-19の長期的な影響に関する初期の研究からの知見(およびそのリンク)です。

  • COVID-19の全患者のほぼ半数が尿中に血液またはタンパク質の存在を示しており、初期の腎障害を示しています。

  • 最近中国の医師がCOVID-19を発見し、中枢神経系に損傷を与える可能性があることを発見しました。

  • COVID-19は、全患者の約半分で下痢、嘔吐、およびその他の胃腸(GI)症状を引き起こしていると報告されています。

  • 上海の復旦大学の研究者による研究では、COVID-19がHIVによるものと同様のTリンパ球に損傷を与える可能性があることがわかりました。

  • 科学者は、COVID-19ウイルスが体内で何年も休眠状態にある可能性があり、後で別の形で戻ってくる可能性があるかどうかをまだ知りません。

  • コロナウイルスでもあるSARSでは、回復した患者の約3分の1が3年後に肺機能障害を起こしました。

  • 一部の患者は、疾患の急性期に心不全および/または不整脈を発症し、元のCOVID-19患者は生涯にわたる心臓病患者になる可能性があります。

  • 医師は、COVID-19の患者で異常な血液凝固(血栓)を報告しています。

  • 重症の場合、ウイルスは鼻腔の嗅覚神経を介して脳に入り、呼吸を制御するニューロンを損傷する可能性があります。

Damage found in multiple organ systems

lasting damage throughout body, doctors fear

More Bad News on the Long-Term Effects

Neurological Implications of COVID-19 Raise Concerns

1

Although the novel coronavirus has not yet been around long enough to determine long-term effects, the experience from prior SARS coronavirus pandemics may be instructive, including observations of mental health side effects like anxiety disorders.

The American Lung Association has noted of the 2003 SARS virus:

A small percentage of patients had long-term effects from their illness, including depression or anxiety, cough, shortness of breath, chronic lung disease or kidney disease. However, most patients fully recovered. Source: ALA